ローンの返済が間に合わない

私は自営業で、アパートの経営をしています。中古の分譲マンションを買って、それを人に貸し出してという経営で、大体はローンを組んで買う事の方が多いです。

なのでお金の心配としてはそのローンの返済というのは常に心配で、入居者が決まらない時などはどのようにローンの返済をしようと不安にかられます。

しかし、このような事は購入の段階からある程度考えている、いわゆる想定の範囲内なので何とか乗り切る事が出来ます。しかし、いままである経験からとてもお金に困りました。

それは、貸し出していた物件が事故物件になってしまったのです。

これは入居していた人が、物件の中でお亡くなりになってしまい、それから暫く発見されなかった物件の事をさし、そうなるとまず内装の修繕工事にかなりのお金がかかってしまいます。

普通は次の人に貸すのに10万円くらいで済むような場合でも、事故が起こった物件では100万や200万の内装工事が必要な事もざらにあります。

私のは場合はまだ良い方で80万円くらいで済みましたが、工事期間が二か月くらいだったので二ヶ月分の家賃で約20万円もプラスで損失となり、事故物件として貸し出すときは基本的には相場の半額くらいで貸し出さないと借り手が見つからない事から次の入居者募集は5万円になり、そうなると最初の更新まででもマイナスの5万円×24で120万円の損失と考えられます。

すると最低でもトータルで220万円の損失となり、この賃貸経営というのをキャッシュで一括購入している人にとってはなんとかなるかもしれませんが、ローンで購入していると返済が回らなくなってしまい八方ふさがりになってしまいました。

お金が払えない

なのでその損失を埋めるために私はアルバイトを始めてそれでローンの返済に充てましたが、頑張って働いてもローンの返済に消えてしまうというのがとても悲しくストレスが掛かる事なので、もう少ししっかりとリスク管理をしておけば良かったと後悔しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です